社会を良くする仕事のリアル〜DariKと学ぶソーシャルビジネス〜

Team Business for Sustainability (TB4S)

24135563 1533047490105879 600518510 n 1
開催日
2017/12/16
定員
70人
応募締め切り

あと

Lifework coaching

この体験でできること

「社会課題を解決する”ビジネス”?」

ビジネスの力で、社会課題を解決する「ソーシャルビジネス」という考え方が広がっています。

今回は、ソーシャルビジネスとしても注目を集める、チョコレートの製造販売を行うDariK(ダリケー)株式会社代表、吉野慶一さんをお招きします。インドネシアからカカオ豆を買い付け、チョコレート屋さんを開いたきっかけや想いをお話しいただき、実際にビジネスを通じて社会課題の解決に取り組んでいるからこそ感じる難しさや工夫を学びます。

さらに、お話を参考にワークショップを通じてソーシャルビジネスをもっと身近なものにしましょう!

「社会課題に興味はあるけど、ビジネスよく知らない…」から、「いつかソーシャルビジネスを起こしてみたい!」まで、興味を持った方ならだれでもウェルカム!

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

スペシャルゲスト

吉野慶一さん(Dari K株式会社代表)
栃木県足利市生まれ。慶応大と京都大大学院でアジア経済を学び、オックスフォード大大学院修了後、外資系投資会社に就職、2011年に「DariK」を設立。

DariK(ダリケー):
インドネシアの島で農家と共にカカオの栽培、発酵からこだわり、京都でチョコレートを製造販売する。農家と共に栽培、発酵の工程にこだわり、高品質の豆を購入する、農家が勝ち取るフェアトレードを目指す。
Dariはインドネシア語で「〜から」(from)、「K」はカカオ豆が栽培されるスラウェシ島の形で、インドネシアから、スラウェシ島から「カカオを通して世界を変える」という思いが込められている。日本初のビーントゥーバーチョコレート店として注目を集め、毎年行われるフランスパリのチョコレートの祭典サロンドゥショコラでは、3年連続の受賞を果たした。

イベント詳細

・日時
 2017年12月16日(土) 13:00~16:00(開場12:30)
・会場
 Students BOX (西新宿駅より徒歩5分)
 URL: https://m.facebook.com/studentsbox.oceanize/
・対象
 学生、若者、起業予定者、一般
・定員
 70名

【スケジュール(仮)】
12:30 開場
13:00 イベント開始
13:30 講演 (DariK吉野慶一さん)
14:00~15:30 ワークショップ 
16:00 終了

【参加費】
500円(DariKカカオが香るフレッシュチョコレート2粒付き)
*その場で召し上がって頂く形になっています。

主催者情報

Team Business for Sustainability (TB4S)

事業と社会課題解決が結びついたSDGsビジネス、戦略的なCSRの取り組みやその情報発信を行い、日本の民間企業による国際社会への貢献度を高めるため、SDGs、戦略的なCSR・CSVについて学ぶイベントの開催やFacebookを活用した情報交換コミュニティの形成を実践。2016年8月に発足し、現在、60名程度で活動を行う。

募集要項

定員70人
締め切り2017/12/16
日程2017/12/16 13:00〜2017/12/16 16:00
料金500円
場所Students BOX (西新宿駅より徒歩5分)  URL: https://m.facebook.com/studentsbox.oceanize/
キャンセルポリシー

友達も誘って一緒に参加しよう!